女子力アップの
クルマ選び

バックナンバー(準備中)

コペン(ダイハツ)

コペン(ダイハツ)

軽だからってナメちゃいかん!
毎日の通勤が楽しくなる、おしゃれで優秀なオープンカー

ゴン太くんに似ている

今回もCarTime男性サポーター「くるまクン」と一緒に、女子力アップのクルマを選んでみたいと思います。

編集部:ガソリン高騰の影響でますます注目されている軽自動車。今回は、中でもちょっと個性的なオープンカーのダイハツ・コペンをご紹介します。

くるまクン:過去にもホンダ・ビートやスズキ・カプチーノ、マツダ・AZ-1など、色々な軽のオープンカーがあったけど、今新車で買えるのはコペンだけだね。ちなみにボクは「(できるかなの)ゴン太」と呼んでいるんだけれども。

編集部:確かに似てますね・・・。ところで、コペンはどんな人にオススメでしょう?

くるまクン:毎日通勤で運転する人にイイと思うんだよね。電動ルーフだから天気によって手軽にオープンにできるし、単調になりがちな毎日も季節を感じながら運転できる!

編集部:それすごくイイ!たまに乗る程度ならオープンカーはちょっと・・・と思うけど、通勤を楽しくするためのオープンカーってそそられますね!

くるまクン:お財布にシビアな女子は「オープンカーは魅力的だけど、2人乗りだし現実的にどうかなぁ・・・」と諦めるケースが多いよね。でもコペンなら軽自動車だから、税金や保険もおさえられる。現実味のある選択だと思うよ!実際にセカンドカーとしての人気も高いから、シニアのご夫婦なんかにもオススメだよ。

編集部:彼氏やダンナさんが、自分が乗りたいからと薦めていそうなイメージも・・・・

くるまクン:まさにそうだね。男女問わず人気があるからリセールバリューも期待できるし、期間限定で楽しむのも手かもしれない。

実際に乗ってみました

編集部:案外広いですね。さすがに助手席との距離は近く感じるけど、運転席は窮屈感なし。

くるまクン:内装もいいよね。

編集部:失礼ながら、軽ってプラスチックっぽい印象があるけど、コペンは安っぽくない!外装も深みのあるカラーバリエーションが揃っていて、想像以上に上質で大人っぽいですね。これなら、周りのクルマにナメられなさそう。

くるまクン:運転した感じはどう?

編集部:予想通り振動は拾ってしまうけど、さほど気にならない程度。加速も十分だし、しっかりとした安定感もありますよ。スポーツカーっぽくて運転が楽しい!えー、ちょっと待って、これ本当にイイかも。本気でほしくなってきた・・・

くるまクン:やっぱり五感に訴えるクルマなんだね。

編集部:小動物っぽい愛らしい外観に高い質感の内装。小さくて精巧なモノが大好きな女子には、かなりツボかもしれないです。

くるまクン:コペンは「作れば作るほど赤字になる」というウワサがあるぐらい(そんなワケないけど!)、丁寧に作られているクルマ。「軽=ちゃち」というイメージを持っている人にぜひ一度乗ってみてほしいな!想像以上の質感と走りにきっと驚くから。

写真で見てみよう

ダイハツ・コペン
軽自動車で唯一、電動ハードトップのオープンカー。深みがあり、落ち着いたカラーリングで、可愛らしさに上品さをプラス

ダイハツ・コペン
後ろ姿。荷室にはゴルフバッグも詰めちゃいます。

ダイハツ・コペン
中は男性でも窮屈さを感じないほどゆとりアリ。内装は軽自動車とは思えない、質感の高さ。シートは名門レカロです。

ダイハツ・コペン
シフト部分。モードを切り替えれば、MT車気分を味わうことも。+と-、それぞれの方向にシフトレバーを動かすと変速可能。楽しいです!

ダイハツ・コペン
スピードメーターのデザインも手を抜きません!加速も悪くないし、振動を拾いすぎることもない。快適な乗り心地を楽しめます。

ダイハツ・コペン
オトナな女性に似合うカラーラインナップが充実している点も嬉しい。グリーン+本皮シート・・なんてコーディネートも渋くてオススメ。

大きさ:全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,245mm
車両重量:830kg
排気量:659CC
燃費:18km/リットル(10・15モード燃費)
定員:2名
車両価格:194万2,500円(5速M / T・税込)
*データはすべてアルティメッドエディションⅡ(特別仕様車)

コペン オフィシャルサイト

※2008年6月の情報です。

監修者プロフィール

くるまクン(1973年生まれ)
くるまクンメーカー、クルマ雑誌の出版社を経て、現在も自動車業界の片隅に身をおく謎の人物。 顔が「さかなクン」に激似のため、編集部で「くるまクン」と命名。 小学生の頃からひとりでディーラーをめぐりカタログ収集するのが趣味。主要なクルマ雑誌を継続講読し、くまなくチェック。蔵書は数千冊にのぼる。ついでにミニカーも約1000台所有。クルマ以外にも映画・音楽に精通し、さまざまな角度からクルマ文化を見守り続けている。